にれ

日本では、北海道・本州・四国・九州に分布するが、北海道からの産出が一番豊富。エルム(英名)は、北海道のイメージを表す代表的な樹種です。にれには、ハルニレ・アキニレ・オヒョウニレがあり、木目は明瞭で美しく、辺材はくすんだ白色で、心材はくすんだ褐色で色の濃淡がはっきりしていている。強靭で割れ難く、やや重硬な木材のため、加工はやや難しいが、たもと同じような粘性があり、曲木の加工には適している。水に強いことから、漁船・はしけ・杭にも使用され、更に家具・床材・造作材・車両材など幅広く使用されている樹種です。

せん

セン(栓)は、センノキ・ハリギリとも呼ばれ、日本全国に分布するが、主要産地は北海道。心材は淡黄褐色または黄白色、辺材はやや淡黄白色で、辺材の境目は不明瞭。木目は明瞭で光沢があり美しいことと、加工しやすいため、家具用材として使用されることが多い。木目が欅に似ていることから、着色して代用として使用されることもある。その他の用途としては、合板・造作材・下駄材など。以前はセンの合板が米国へ『SEN』として大量に輸出され、高い評価を受けている樹種です。

なら

日本を代表する広葉樹で、日本全国に分布するが、特に良質な材が豊富に産出される北海道産が有名。辺材は、灰白色、心材は暗灰褐色の色調で、柾目面に虎柄に似た模様の虎斑(とらふ)が現れるのが特徴。また、ヨーロッパでも同類のならが産出され主に高級な床材として使用される他、家具や洋酒の樽材などにも欠かせない付加価値の高い樹種です。

バーチ/かば

天然に生育する約40種類あるバーチのうち、経済林として特に重要なのがシルバーバーチで、ヨーロッパ・ロシア全域に生育し、様々な製品に利用されています。土壌を選ばず生長が早く、白色の材面と樹皮をしています。造園用樹種として愛用される他、家具・床材・楽器・合板などに広く利用されています。

おびすぎ

針葉樹の中でも、飫肥杉は、樹脂分を多く含み、湿気に強く耐腐朽性を有します。 辺材と心材の色味の差が明らかで、辺材は白色、心材は薄いピンク色から濃赤褐色、一部黒っぽい色もあり、また、葉節(鉛筆の芯で突いたような黒点)が入る特徴があります。 材質はやや軽く軟らかく、加工性が高く、耐久性・弾力性にも優れています。特に心材の赤味部分は、湿気にも強く腐れにくく、白蟻にも強い為、一般的な建築材(構造材・外構部材・外装材・内装材・床材・建具)をはじめ、古くから身近な生活用材(家具・樽材・下駄・細工物)として親しまれています。

ひのき

福島県以西の本州・四国・九州に広く分布し、日本を代表する最優良樹種で、材面美しく、特有の芳香と光沢があります。 また優れた耐腐朽性を有し、その用途は広く、高級建築材全般(特に神社仏閣等の特種建築材)・家具・浴槽の他、美観が重視される内装仕上げ材等に使われています。

から松

日本では寒冷地の重要な造林樹種として北海道・東北・中部地方で豊富に産出されています。樹脂分が多く、木目が粗くはっきりとしています。従来は主に梱包材や仮設用材等に利用されてきましたが、近年、乾燥技術の向上により、内装材や家具等、付加価値の高い用途が拡大しています。

とど松〈北海道産〉

北海道を代表する針葉樹の一つで、ほぼ均一な黄白色の色調でホワイトウッドに似た材面をしています。一般建築材として広く使われ、最近では羽目板やモールディング材等、内装用仕上げ材としての用途も拡大しています。

レッドパイン(欧州赤松)

北欧の製材品を代表する樹種で、現地では「レッドウッド」と呼ばれ、構造材から家具、内装仕上げ材まで多用途に使われています。ホワイトウッドと比べやや比重が高く、若干、強度に優れます。心材と木目に薄い赤味が入り、樹脂分が多く含まれ光沢があります。

ホワイトウッド(欧州松)

レッドパインと並び北欧の製材品を代表する樹種で、現地では「スプルース」とも呼ばれています。レッドパイン同様構造材をはじめ、家具、内装材・外装材等他用途に使われています。ほぼ均一な黄白色をしており、塗装の色が良好に出ます。

ウェスタンレッドシーダー

日本では「米杉」「カナダ杉」の名称で親しまれ、商品価値の高い木として広く利用されています。木目が美しく、色調が濃淡に富みます。また伸縮が少なく、優れた耐腐朽性を有し、主に内装材・外装材、ウッドフェンス、アウトドアデッキ材等に使われています。

イエローシーダー(米ヒバ)

針葉樹の中でも特に高い商品価値を有し、耐久性・防虫・防腐効果に優れています。光沢のある淡黄色の色調で、特有の高貴な芳香が特徴です。内装材の他、構造用土台角、造園用デッキ材、桟橋、舞台等に使われています。

ヘムロック(米ツガ)

比較的安定した淡黄色から薄茶色の色調で、ときに黒い縞模様かすりが入ります。針葉樹の中でも比較的硬く強度があり、構造材の他、合板、内装材等にも広く使われています。

シトカスプルース(アラスカ松)

ヘムロック同様、淡黄色から薄茶色の色調で、目合いが細かく均一です。通直で狂いが少ない目合いを生かし、和室造作材をはじめとする一般建築材の他、建具、サウナの内装材、楽器材等にも使われています。

ダグラスファー(米松)

辺材(淡黄色)から心材(赤褐色)にかけての色調が変化に富み、木目が通直で適度な硬さがあります。柾目取りした良質材は、「ピーラー」という呼称で高級材として取り扱われています。合板や内装材・外装材の他、構造材としても需要が高い樹種です。